広告 広告は当サイトの見解を示すものではありません。

英語・中国語: バイバイ・さようなら・See you・再見

英語・中国語: バイバイ・さようなら・See you・再見

記事の冒頭から「さようなら」の挨拶は少し不自然ですが…今回は「別れ際のあいさつ」についてです。

日本語の「さようなら」

別れ際の挨拶で、日常会話で「さようなら」を使うことはほとんどないと思いますが、

「さようなら」の意味は「それなら」「それでは」

という、区切りを示す言葉になります。

時代劇の中では、相手に対して同意を示す相づちとして「さよう」という言葉を聞いたことがありますね。


「さようなら」を漢字で書くと、

左様なら

となりますが、漢字で書く機会はまずないのではないでしょうか。

「さよなら」は、この「さようなら」が変化したものです。
「さいなら」は関西の方言で、さらに砕けた感じですが、夏目漱石の「吾輩は猫である」(1905年~1906年)に見られます。


現代では、ほとんど死語扱いされている「さようなら」ですが、

一般的には「じゃあね」「またね」「バイバイ」

仕事などでは「失礼します」

を使う場面が多いと思います。


この中で「バイバイ」は英語が語源というのは多くの方がご存じだと思います。

中国語でも「バイバイ」は”拜拜” [bài bài]の当て字で使われます。漢字をみると仰々しい感じがしますが、印象とは逆に砕けた口語です。


英語で「バイバイ」のスペルは”bye-bye” – 語源は?

英語のスペルでは

bye-bye

となりますが、”bye”と1回だけの方が多く使われます。

本来は

goodbye

(”good bye”や”good-by”とも)であったものが短縮されたものです。

さらに遡ること14世紀終わり頃の挨拶“God be with ye”(現代の英語で”God be with you”)で、「神様が共におられますように」が起源とのことです。

15世紀後半には”good-day”や”good evening”の挨拶の影響を受けて、”God be with ye”が徐々に”godbwye”に変化し、最終的に”goodbye”になったと考えられています。


このことから、

goodbye, good bye, good-by – 正しいスペルは?

という疑問については、

現代の辞書に記載されているのは”goodbye”ですが、いろいろな変化を経ているのでいずれも間違いではない

というのが答えになります。

現代では”God be with you”という意味はなくなっていると考えてよいと思います。


その他の”bye”の使い方で、
また会いたい、話したいけど、「とりあえず」の意味をこめて、

Bye for now

という表現もあります。


英語で「またね」は”See you” – でも、ちょっとご注意を!

See youだけでは中途半端!?
See youだけでは中途半端!?

ほとんどの英会話教室で、

See you!

という挨拶が使われています。これが日本語の「またね。」と同じ意味で受け入れやすい感じがするのですが、これはアメリカ英語で、イギリスでは不完全な表現となります。

イギリスでは”See you tomorrow.”とか”See you Sunday.”のように続けるのが一般的で、”See you.”だけで終わってしまうと中途半端な感じになってしまいます。

もし次に会う機会が具体的でない場合、期待をこめて”See you soon.”と言ったり、逆になかなか会えないと思う場合は”See you again.”という言い方もできます。

“See you”が常に正解でないことは、覚えておいて損はありません。


中国語の「バイバイ」は”拜拜”

冒頭にも触れましたが、”拜拜”の漢字をみると仰々しい感じがしますが、印象とは逆に砕けた口語になります。
友人同士であれば良いのですが、そうでない場合は避けた方が無難な表現です。


中国語で正式な「さようなら」は”再見”

中国語の”再見”(中国の簡体字では“再见” [zài jiàn])は、ある程度知られている表現です。

「さようなら」というよりも、文字どおり「また会いましょう」という意味になり、これでも問題はないのですが、イギリスでの”See you”と同じような感じで、次に会う機会を含める方が一般的です。

例えば、

明天见

[míng tiān jiàn]
また明日

下周见

[xià zhōu jiàn]
また来週

と言った表現になります。


少し違った表現を取り入れることで、会話がより生き生きとしてくると思いますので、参考になると嬉しいです。


今回もお読みくださり、ありがとうございました。

役に立った・気に入ったらツイート共有していただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました