広告 広告は当サイトの見解を示すものではありません。

英語: “How are you?”の返事・返し方 “I’m fine”以外を使ってみよう!

英語: "How are you?"の返事・返し方 "I'm fine"以外を使ってみよう!
英語での定番のあいさつ “How are you?”の返事・返し方

英語での定番のあいさつ”How are you?”に対して、どんな返事をしますか?
教科書の定番の返事”I’m fine”を使い続けている人も結構多いと思います。

“I’m fine”の返事はもちろん正しいですし、中学校の教科書の音読学習をしっかり実施してきた、と考えることもできますね。

でも… 本当にいつも元気ですか?

この答え方に、疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?

せっかくですから、いろいろな表現を見ていきましょう。

“How are you?”とは?

“How are you?”はどんな意味?

“How are you?”は、もはや単なる挨拶でもありますが、はじめに考えたいのがこの質問の意味です。

“How are you?”の定番の日本語訳は「元気ですか?」になっていますが、本当にそうでしょうか?

もちろん間違いではないのですが、日本語と英語は違う言語ですので、完璧な訳が存在しないので惑わされてしまいます。

「元気ですか?」を英語の直訳にすると”Are you fine?”になりますが、英語でこのように言うと、何だか心配している…という印象になってしまいます。

“How are you?”の中には「元気」に相当する言葉は入っていなくって、日本語の直訳にすると「あなたはどのようですか?」になります。
これでは会話として変ですので、「元気ですか?」という訳があてられることが多いのです。

つまり

“How are you?”は「元気かどうか」を聞いているのではなく
「(最近)どうですか?」といった感じの質問になります。

なので、今の自分の状況を何でも答えてよいのです。


会議前などの”How are you?”

もし、会議の前などの状況であれば、”How are you?”という質問は、本題の会話の前に軽く会話を交わすことで、和やかな雰囲気を作るためのものでもあります。

これを英語で

ice breaking

とも表現されて、名前のとおり固い雰囲気を崩すことです。(別に凍り付いているほどの雰囲気を指しているわけではありません。)

このことからも、毎回”I’m fine”の返事だけではなく、いろんな返事を持っておいた方が雰囲気づくりにはぴったりです。


“How are you?”に対するいろいろな返事・返し方

元気なら”I’m fine”の返事でも大丈夫!

英語: "How are you?"の返事・返し方 - 元気

返事をする時、「元気ですよ」と答える場合は“I’m fine”は使えます。
さらっと流したい時にも便利な返事です。

他の表現はこんな感じです。

I’m alright.

I’m good.

もしかすると、あまり具体的な返事をしてしまうと、その後に説明を求められそうで面倒…と思うかもしれません。

そんな時は軽く”Thanks”や”Thank you”をつけるのもひとつの方法です。
「ありがとう」の意味でもありますが、この言葉で話の区切りをつけることができます。

I’m alright. Thanks.

さらっと流したい時は、簡単にこんな表現を使って、相手に話を振ることもできます。

I’m OK. And you?


もちろん、いいことがあった時などで気分がいい時は、仕事上での会話であっても、こんな表現もできます。

I am happy.

I am feeling great.

I had good news today.

こんな返事ができると、お互い気持ちがいいですね!
どうしてなのか、簡単にでも説明を付け加えることができれば、すぐに和やかになるでしょう。


「悲しい」感情を表す返事・返し方

英語: "How are you?"の返事・返し方 - 悲しい

誰しも時には悲しい時だってありますね。
“How are you?”と聞かれて、

I’m sad…

と答えることだっていいのです。

理由に簡単を付け加えるとわかりやすいですね。
たとえば、こんな感じで付け加えます。

I had a fight with my friend.
友達と喧嘩しちゃった

I lost the competition.
試合に負けちゃった
仕事上なら、競合に負けてしまった


相手が言った場合の簡単な慰めの言葉

もし相手がこのように言った場合、いちばん簡単なあいづちは、

It happens
それはあることだよ

で、しみじみと話すことで気持ちが伝わりますよ。
覚えておいて損はない表現です。


「忙し過ぎる」と返事する場合

英語: "How are you?"の返事・返し方 - 忙しい

“How are you?”の返事は、「嬉しい」や「悲しい」といった感情だけのものではありません。
「最近忙し過ぎる」という返事は、「ここのところ心に余裕が持てていない」といった表現にもなる、十分にありうる返し方です。

I am too busy these days.

I am recently incredible busy.

仕事上の会話であれば、相手に対して「あまり時間が取れない」といった、余分な感情を生み出してしまうかもしれないので

But, busy is good!
でも、忙しいのはいいことだ

と付け加えることで、ポジティブな面を表現できるでしょう。


いかがでしたか?
何気ない”How are you?”という質問ですが、返事次第で思わぬほど話が盛り上がる場合もあります。
せっかくのコミュニケーションの開始ですから、この機会を活用しない手はないですね!

ちなみに筆者の使用頻度が高めの言葉は…

I’m not too bad.

です。

直訳すると「悪すぎない」になりますが、かなり軽く、少し笑いながら話すことで「ぼちぼちでんな」的な返事をしています。(関西人ではありませんが…)
英語で会話するのは仕事の時が多いので、やや控えめにしておくことが多いです。


もちろん、「今日はいいことあった」なんて時には、上に書いた表現も使っていますよ。

毎回、「最高の気分ですよ!」なんて言えるといいですけどね!


この記事が役に立ったと感じられれば、最高の気分です!

If you find this article is helpful, I feel so great!


今回もお読みくださり、ありがとうございました。

役に立った・気に入ったらツイート共有していただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました