広告 広告は当サイトの見解を示すものではありません。

中国語: 「本当に!?」「ウソ!?」「マジ!?」 気軽に使える否定表現

中国語: 「本当に!?」「ウソ!?」「マジ!?ありえない!」「まさか!」「それはおかしい!」 気軽に使える否定表現

中国語に限らず、会話を楽しもうと思ったら反応はとても大切ですね。
たとえ自分からは たくさんのことを話せなくても、あいづちだけでも相手との距離はぐっと縮まります。

今回は、もっと軽く、気軽に使える、あいづちとしての否定表現を中心にご紹介します。

「本当に!?」「ホント!?」「ウソ!?」「マジ!?」の中国語

驚いたときの反応で、日本語にではこんな表現をすることがありますね。
もちろん、人によって使う言葉は違いますが、中国語でもいろいろな表現があります。

たとえば

真的假的!

[zhēn de jiǎ de]

という表現で、直訳にすると「本当の、嘘の」になりますが、「本当に!?」「ホント!?」「ウソ!?」「マジ!?」などとしてよく使われる表現のひとつです。

カタカナ表記すると「ジェンダジャーダ」になります。


人によっては、こうは言わずに別の表現をする人もたくさんいます。
別の表現では、

真的啊! [zhēn de a]

という表現は、「本当に!?」「ホント!?」「マジ!?」などに近い表現と言えます。
最後の”啊”は(怒っているわけではなく)語気を強める意味合いがあります。

カタカナ表記すると「ジェンダァ」になります。

こちらの方が短くて、言いやすいかもしれませんね。


日本語だと、人によっては「ウソ!?」を使う人も多いですが、普通は別に相手の言っていることを嘘と思っているわけではなく、「本当に!?」と同じように驚きを表す言葉ですね。
これと同じ中国語は、少なくとも一般的にはありません。この“真的啊!”が近い感じでしょう。


「本当に!?」「ホント!?」「マジ!?」などは、話し方によっては質問にもなりますね。
日本語だと、語尾を上げることで質問になりますが、声調が大事な中国語ではそうはいきません。(その時に感覚で感じとってくれるかもしれませんが…)


聞きたい時は、中国語では質問形にします。

是吗? [shì ma]
是吗!? [shì ma]

“是吗?”という疑問形にすると、「そうなの?」という表現になり、”是吗!?”という表記で、「そうなの!?」という応用もできます。
カタカナ表記すると「シイマ」になります。

真的吗? [zhēn de ma]

カタカナ表記すると「ジェンダマ」になります。

この時の「マ」は中国語で軽声と呼ばれる音で、アクセントをつけずに軽く発音するのですが、たとえば念を押すような聞き方をしたい時は、この「マ」をはっきり発音しても構いません。
ただし、基本はアクセントのない音ですので、語尾を上げるのではなく、むしろ語尾を下げるくらいの感覚でよいでしょう。(感情が入ると、ここが難しいところではありますが…)


次ページは「ツッコミを入れるときの中国語」です。

タイトルとURLをコピーしました