広告 広告は当サイトの見解を示すものではありません。

中国語: 加油(ジャーヨウ)は「がんばって」「がんばるよ」 – 「ガソリンを入れる」意味から

中国語: 加油(ジャーヨウ)は「がんばって」「がんばるよ」 - 「ガソリンを入れる」意味から
中国語で「がんばって」とか「がんばるよ」の表現

中国語で「がんばって」とか「がんばるよ」の表現は、よく“加油” [jiā yóu]が使われますが、これはもともと「ガソリンを入れる」という意味です。
“加油”を使いこなすことができるように、いろいろ見ていきましょう。

加油(ジャーヨウ)の漢字・発音・意味

中国語を勉強している人にとっては、”加油”はなじみのある言葉だと思います。
そうでない人にとっても、漢字を見ると元々の「ガソリンを入れる」という意味は、簡単に想像ができますね。

加油(ジャーヨウ)の漢字

漢字を見ると「油を加える」という表記になっていますので、中国語の最も基本的な構文は、英語と同様に 動詞+名詞 で表現することを考えると自然に理解できます。

これ自体には間違いないのですが、”加油”を使いこなすために知っておきたいことは

“加油”はこの2文字で動詞として用いる

ということです。


中国語には漢字1文字の動詞を用いることが多いですが、例えば“打开” [dǎ kāi](日本語の漢字で「打開)と書いて、「開く」の意味となるような場合と同様です。


加油(ジャーヨウ)の発音

このブログでは、いたるところに「中国語をカタカナ表記するのは無理がある」というようなことを書いていますが、この”加油”についてはカタカナ読みでも十分に伝わります。

カタカナ表記では

加油 ≒ ジャアヨウ

の方が「ジャーヨウ」よりも近くなります。

中国語の発音を表す”拼音”(ピンイン)では、“加油” [jiā yóu]と表します。

中国語: 加油(ジャーヨウ)は「がんばって」「がんばるよ」 - 「ガソリンを入れる」意味から
“加油”の声調

“加”第一声でそのまま音を伸ばしますが、「ア」ははっきりと発音します。
また、“油”第二声で語尾を思いっきり高く上げますが、「がんばって」「がんばるよ」という時は日本語でも自然に語尾が上がるので、違和感はありません。


加油(ジャーヨウ)の意味

最初に触れたとおり、“加油”は「ガソリンを入れる」という意味になります。
これが転じて「がんばって」「がんばるよ」になったのですが、これは口語的な表現です。

「油を加える」という漢字になっていますが、日本語の「油を加える」という意味合いとは少し異なります。

ここでの”油”は、中国語で「ガソリン」を表す“汽油” [qì yóu]が省略されたものです。


では、例えば「炒飯を作る」時に”油”を入れますが、状況から考えてこれは必ず「食用油」です。

料理での表現は”加油”も間違いではないですが、一般的には

放油 [fàng yóu]
= (料理で)油を入れる・油を加える

という表現になります。

もしかすると中華鍋に豪快に油を投入するイメージが出てくるかもしれませんが、日本の一般的な中華料理とは違って、中国では油っこいのは好まれません。

ちなみに中国語で「油っこい」“油腻了” [yóu nì le]と言います。(”腻了”は「飽きた」という意味です。)


次ページは、加油の使い方です。

タイトルとURLをコピーしました