広告 広告は当サイトの見解を示すものではありません。

中国語: ペキン・ナンキン・カントン・ホンコンは中国語じゃないから通じない!?【音声付き】

中国語: ペキン・ナンキン・カントン・ホンコンは中国語じゃないから通じない!?【音声付き】
ペキン・ナンキン・カントン・ホンコンなどは日本語ではないから中国語?

中国のいろいろな地名、多くの場合は漢字を日本語読みしていますが、中国語読みと思われる地名が日本に定着している場合があります。

日本語の発音ではない中国の有名な地名

あきらかに日本語ではない読み方には、例えばこんな都市があります。

  • 北京(ペキン)
  • 南京(ナンキン)
  • 広東(カントン)
  • 香港(ホンコン)
  • 青島(チンタオ)

でも、これらの地名は中国語として通じないのです。

もしかすると、青島(チンタオ)は何とか通じるかもしれません。

なぜ、このような呼び方が定着しているのでしょうか?


中国語として通じない最大の理由

最大の理由は、中国の広東地方を中心に使われている言語「広東語」が由来であることです。

この広東語は、1950年代から60年代にかけて北京語を基に制定された中国の「標準語」とは大きく異なります。

この標準語は「普通話」[プー トン ファ]と呼ばれ、中国全土で使われるようになった歴史は長くありません。

※ 「普通話」を中国語では“普通话” [pǔ tōng huà]と表します。


なぜ広東語由来の発音が定着したのか

実は、確実にこれが正しい、という説はないようです。

例えば「北京」は、日本では江戸時代の書物では、「ホッキン」「ホクケイ」と記載されているともいわれています。

同時期の17世紀から18世紀にかけて、フランス人が「北京」の広東語の発音を基に”Peking”とアルファベット表記し、それがヨーロッパに広まったといわれています。このため、この発音が幕末に日本に持ち込まれ、定着したという説が一般的なようです。

英語でも”Peking”という表記が定着していました。

ただ、現代の広東語の発音記号となる「ピンイン(拼音)」では

北 [bak1] 京 [ging1]

となり、かなり異なります。

中国語の“普通话”が制定されてからは、その発音記号となる「ピンイン(拼音)」では

北 [běi] 京 [jīng]

と表記されます。

中国語をカタカナ表記することは難しいのですが、

ベイジュィン

ペイジュィン

に近い発音になります。

日本では「ペキン」という読みが定着しているため、報道機関でもそのまま採用されています。


現代の英語ではピンインから“Beijing”というスペルを採用していますが、これが中国語として正しいわけでもありません。

中国語の発音は英語とも異なり、それぞれのアクセントはもちろん、”京”の発音は英語の”jing”でもありません。
“jin”はカタカナ表記の「ジン」に近くはないですし、最後の”g”も英語の発音にしか出てきません。

また、カタカナで表記したように、実際の発音には「ュ」(小さいユ)が聞こえます。


参考までに、「北京首都国際空港」

日本語で「ペキン しゅと こくさい くうこう」です。

英語では”Beijing Capital International Airport”です。

しかし、国際航空運送協会(IATA)により定められている空港のコード“PEK”で、”Peking”の名残りがあります。


南京・広東・香港の中国語は?

それではその他の都市名を見てみましょう。
これらの呼び方も「北京」と同様に、広東語の発音から広まったと考えられています。

南京

日本語読み: ナンキン
中国語(標準)のピンイン: [nán jīng]
中国語(標準)のカタカナ表記: [ナンジュィン]
広東語のピンイン: [naam4 ging1]
英語: Nanjing

広東

日本語読み: カントン
中国語(標準)のピンイン: [guǎng dōng]
中国語(標準)のカタカナ表記: [グァンドン]
広東語のピンイン: [gwong2 dung1]
英語: Guangdong

香港

日本語読み: ホンコン
中国語(標準)のピンイン: [xiāng gǎng]
中国語(標準)のカタカナ表記: [シアンガン]
広東語のピンイン: [heung1 gong2]
英語: Hong Kong


広東語は中国語で”广东话” [guǎng dōng huà]といいます。

都市の名前としての「広東」は英語で”Guangdong”ですが、かつては”Canton”と呼ばれていたので、現代でも「広東語」は英語で”Cantonese”と呼ばれているのも名残ですね。


定着したものを変えていくのは、そうそう簡単ではないようです。


青島(チンタオ)の発音は?

はじめに「もしかすると、青島(チンタオ)は何とか通じるかもしれません。」と書いたのは、日本人が話す地名であることが前提であれば、かなり「普通話」に近い発音になります。

中国語では簡体字で“青岛”という漢字表記になります。

青島

日本語読み: チンタオ
中国語(標準)のピンイン: [qīng dǎo]
広東語のピンイン: [ching1 dou2]
英語: Qingdao

この場合、日本語読みの「チンタオ」は、「広東語」よりも「普通話」に近い発音です。

「普通話」での中国語読みをカタカナ表記すると、[チンダオ]になります。

ピンイン表記では[q]で始まっていますが、英語の発音よりもカタカナ表記の方が中国語に近くなります。


四川(シセン)の発音は?

もしかしたら四川(シセン)も、日本語っぽくない発音に感じるかもしれませんが、
四川は中国語で[sì chuān]となり、カタカナで書くとしたら「スーチュアン」という表記が近くなります。


発音を音声で確認

今まで出てきた地名を、音声で確認してみてください。

中国語の発音: 北京(ペキン)・南京(ナンキン)・広東(カントン)・香港(ホンコン)・青島(チンタオ)・四川(シセン)


次のページは、日本の地名の中国語での読み方です。

タイトルとURLをコピーしました