ご案内 日中漢字変換・拼音追加ツール【無料・登録不要】
 広告  広告は当サイトの見解を示すものではありません。

中国語: ~しないでください 丁寧なやわらかい表現

中国語: ~しないでください 丁寧なやわらかい表現

中国語で「ご遠慮ください」のように表現を丁寧でやわらかく

突然ですが、あるレストランに行ったとき、こんな案内を見たとしたら、いかがでしょうか?

お客様へ
タバコは吸うな
食事は持ち帰るな
ご協力に感謝いたします。

日本語であれば、こんなに唐突に尖った表現することはあり得ないはずなのに、外国語だと翻訳サイトに頼らざるを得なくて、結果としてこんなふうになってしまっている例を見かけます。(やや極端な訳ですが…)

ここは「禁止」ではなく、「ご遠慮ください」と表現したいところですね。


中国語で丁寧なお断り表現は”请勿○○”

日本語でいう「ご遠慮ください」の表現にいちばん近い中国語の表現は"请勿○○"で、かなり幅広く使える便利な表現です。

"请"がつくので「お願い」の表現ではありますが、「ご遠慮ください」よりも強制力のある「~しないでください」の意味合いがありながらも、丁寧な表現です。

"请勿"の後には、動詞+名詞をつけます。

この"请勿○○"の具体的な使い方は、後ほど例をあげてご紹介します。


「ご遠慮ください」の中国語は”请不要○○”?

翻訳サイトなどで「ご遠慮ください」を翻訳してみると"请不要" [qǐng bù yào]という結果を目にすることも多いと思います。

"请勿"を使った方がよい、という理由は、

  • "请不要"は口語的な表現
  • "请不要"は強めの禁止表現

で、"请不要"は書き言葉としては用いられず、話し言葉で"请"がついていても表現としてはきつくなってしまうのです。

ですので、翻訳サイトで翻訳したままの中国語で"请不要"を使った場合、冒頭の例のように「~するな」という表現に感じてしまっても不思議ではありません。

もし、話し言葉(口語)であれば"不用○○"[bù yòng]"または"别○○" [bié]を使う方が柔らかくなります。("请不用○○"または"请别○○"だとより丁寧です。)

请勿"を使うと次のようになります。

亲爱的顾客,
请勿吸烟 [qǐng wù xī yān]
请勿打包饭菜 [qǐng wù dǎ bāo fàn cài]
非常感谢您的合作。


もうひとつ気づかれたことがあるかもしれません。

このように2つだけならまだしも、3つ以上"请勿"が続いてしまうと、表現がくどくなってしまうと感じる方も多いことでしょう。

このような場合は、次のように最初に「ご遠慮ください」に相当する注意書きを書いて、下に項目を並べて書く方法があります。
箇条書きにすると、日中辞書や翻訳サイトが使いやすく、難易度がずっと下がりますね。

请注意下列的禁止项目
[qǐng zhù yì xià liè de jīn zhǐ xiàng mù]

  • 吸烟
  • 打包饭菜

さて、ここで"请勿"ではなく、"注意""禁止"という単語が出てきました。

日本語でも使われる単語ですが、中国語の"请注意"は「お気をつけください」の意味になります。また、"禁止项目"は「禁止事項」という意味ですが、最初が丁寧なので、それほど強すぎる表現ではありません。「おことわり」に近い表現とも言えます。


でも、中には、「禁止を使うより、もっとやわらかくしたい」という場合もあることと思います。
確かにその通りで、このような場合、

请选择下列的项目

[qǐng xuǎn zé xià liè de xiàng mù]

推荐项目如下

[tuī jiàn xiàng mù rú xià]

とすることで、「お勧め」つまり「お願い」の表現となります。

日本語でも同様ですが、"禁止"はあまり連発するものではありません。
お客様相手の商売であれば、いうまでもないことですね。


では、お店などでよく見かける「お手を触れないでください」は、中国語ではどのように表現するのでしょうか?

これは通常、"请勿"を使う方が適切です。

请勿触摸 [qǐng wù chù mō]

ただ、触ることによって人が怪我をするなどの恐れがある場合

禁止触摸 [jīn zhǐ chù mō]

という短く簡潔な強いメッセージが必要ですね。


禁止 - 中国語と日本語

喫煙禁止・撮影禁止・飲食禁止・関係者以外立ち入り禁止 - 中国語: ~しないでください 丁寧なやわらかい表現

少し上で出てきたとおり、日本語でも「禁止」といいますが、中国語でも同じ"禁止" [jīn zhǐ]という単語があります。

どちらも強い「してはならないこと」を表しますが、一般的に中国語の"禁止"の方が、日本語よりもより強い「禁止」と捉えられる可能性があります。(人によって感覚は異なります。)

人によっては中国語の"禁止"は、日本語でいえば「厳禁」くらいの程度に感じる場合もあるようです。中国語にも「厳禁」という単語は"严禁" [yán jīn]として存在しますが、相当な危険性がない限り使うことはないようです。

もちろん、重要な禁止事項については"禁止"を使うべきですし、短いサインでは"禁止"を使う例もあります。

内容を示すマーク(ピクトグラム)とあわせて使うのが一般的ですね。

  • 禁止吸烟 [jīn zhǐ xī yān]
    = 喫煙禁止
  • 禁止拍照 [jīn zhǐ pāi zhào]
    = 撮影禁止
  • 禁止饮食 [jīn zhǐ yǐn shí]
    = 飲食禁止

"禁止"動詞ですので、中国語ではこのように最初に"禁止"がついて、その後に動詞(+名詞)を続けます。

例えば、持ち込み禁止物品がいくつかある場合など、次のように注意書きをまとめる方法もあります。

禁止携带下列物品

[jīn zhǐ xié dài xià liè wù pǐn]


中国語で「関係者以外立ち入り禁止」

最後に、「関係者以外立入禁止」という表現ですが、日本ではやわらかい表現にするために あえて英語で"Staff Only"などと表示している場合もよく見かけます。

この表示は、中国語では主に以下のようになります。

  • 游客止步 [yóu kè zhǐ bù]
  • 顾客止步 [gù kè zhǐ bù]
  • 员工通道 [yuán gōng tōng dào]
  • 员工专用 [yuán gōng zhuān yòng]

"游客""顾客"「お客様」を、"员工"「スタッフ」を意味する言葉です。
最後の"专用"という中国語は、日本の漢字で「専用」です。
"步"という字が少し違うのは、中国の字体です。


日本のサービスは世界でもトップクラスといわれています。
そんな「おもてなし」に期待を込めて日本を訪れる観光客も多くいて、「また来たい」と思う方も多くいます。

一方、日本ならではの習慣などを知っていただいて、遵守していただきたいことがあるのも、また事実です。

こんな時、この記事が、中国語圏からのお客様に対して丁寧な「おもてなし」のお手伝いとなれば嬉しいです。

この記事に掲載しているサインは、Power Pointで作成しています。
(サインの作成も簡単になる最新のMicrosoft 365を見る - アフィリエイトリンク

無料で見栄えの良いフォントもありますので、簡単に作成することができますよ。


今回もお読みくださり、ありがとうございました。

役に立った・気に入ったらツイート共有していただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました