広告 広告は当サイトの見解を示すものではありません。

中国語: “好”の漢字の意味と起源 – 中国語で「好き」は?

中国語: "好"の漢字の意味と起源 中国語で「好き」は?
好 – 中国語では使い方が結構違う

「好」の漢字は日本語でもよく使われますが、中国語では使い方に結構違いがあります。

中国語のあいさつとして有名な“ニイハオ(ニーハオ)” または、この疑問形になる“ニイハオマ?(ニーハオマ?)”は一度は聞いたことがあると思いますが、この時の”ハオ”はこの“好”が使われて、日本語の(中国語も同じく)「良好(りょうこう)」と同じ感覚になります。

この「好」という漢字について、いろいろと見ていきましょう。


「好」の漢字の起源

「好」という漢字は古代から見られるもので、現代で確認できる最古の漢字と言われる「甲骨文字(こうこつもじ)」で既に確認されています。

この「甲骨文字(こうこつもじ)」は、古代中国で占いをカメの甲羅や牛の肩甲骨に刻んでいたもので、殷(商)の時代の遺跡から出土しています。

「甲骨文字」の「女」(左)と「子」(右)
「甲骨文字」の「女」(左)と「子」(右)

見たとおり「女」と「子」から成り立っていますが、本来の意味は学界でもいくつかの意見があるとのことです。いくつかの説をご紹介します。

  • 女性の美しさを指す
  • 本来は苗字に使われていた
  • 古代の子どもを産む女性は素晴らしいという観点から、悪いことの対極となる意味

説にはいろいろありますが、この「好」という漢字の基本的な意味

美しい

良好

完璧な程度

を表しています。


中国語での”好”の意味・使い方

現代の中国語では”良好”[liáng hǎo]という日本語と同じ感覚の「良好(りょうこう)」としても”好”は使われますが、ここから派生して次のような意味をもっています。

  • 良好
  • 程度が高い
  • 完了した
  • 趣味・嗜好
  • 友愛(ゆうあい): 兄弟・友人の間の親しみ・他に対しての深い思いやり
  • 和睦(わぼく): 争いをやめて仲直りすること

「良好」としての”好” [hǎo]

現代の中国語では「良好(りょうこう)」以外でも、頻繁に使われます。

  • 返事の「はい」としての“好”と「いいえ」を表す“不好” [bù hǎo]
  • 「いいかどうか」を尋ねる“好吗?” [hǎo ma]や“好不好?” [hǎo bù hǎo]
  • 「あまり良くない」ことを示す“不好” [bù hǎo]
  • 「いい」「いいよ」「いいねえ」を表す“很好” [hěn hǎo] (“很好啊” [hěn hǎo a])
  • 「いいよ」「いいでしょ」を表す“好吧” [hǎo ba]
  • 食べ物や飲み物がおいしいを表す“好吃” [hào chī]や“好喝” [hǎo hē]
  • 目で見たり、聞いたりして「美しい」「心地よい」を表す“好看” [hǎo kàn]や“好听” [hǎo tīng]

これ以外にもたくさんありますが、これらは総じて「良い」に関連した意味で使われています。


中国語: "好"の漢字の意味と起源 中国語で「好き」は?

「程度が高い」としての”好” [hǎo]

この場合は「とても」を意味する”非常” [fēi cháng]と同様で、この使い方では「良い」ということとは基本的に無関係になります。

最初の例のように、”非常好”という形で「良好」の意味に程度をつける場合もありますが、この場合は”好”自体が程度を表すことなります。

ほんの少しの紹介ですが、例えばこのような表現です。

好多了 [hǎo duō le]
すごく多い

好好休息 [hǎo hǎo xiū xí]
しっかり休む(よく休む)

好累了 [hǎo lèi le]
すごく疲れた

好困 [hǎo kùn]
すごく眠い

好疼 [hǎo téng]
ひどく痛い

好差 [hǎo chà]
すごく悪い

このように悪いことの程度が甚だしい場合でも”好”を使うことがありますが、例外もあります。

好厉害 [hǎo lì hài]

と書くと、「とても素晴らしい」の意味となります。


本来”厉害”だけでは「凶暴」「受け入れ難い」と言う意味ですが、ここから転じて”好厉害”と表現すると良い意味になります。

※ さらに転じて”厉害”だけでも良い意味で使われる場合もあります。


「完了した」としての”好” [hǎo]

本来は「ちゃんと終わった」という感じの表現で、例えば

准备好了 [zhǔn bèi hǎo le]
準備が終わった

のように使います。「完了」としての”好”は使える場面が限られています。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。


「趣味・嗜好」としての”好” [hào]

趣味などを表す場合、”好”は動詞として用いられることが多く、主に文章としての表現になります。

実は、“好”は”多音字” [duō yīn zì]と呼ばれる複数の読み方をもった感じのひとつで、動詞の場合は[hào]と第四声に発音が変わります。

中国語: "好"の漢字の意味と起源 中国語で「好き」は?
“好”の発音は、動詞では第四声

動詞としては、このような表現があります。

好 [hào]

喜好 [xǐ hào]

爱好 [ài hào]

使い方は、

我好弹钢琴 [wǒ hào tán gāng qín]
私はピアノを弾くのが趣味です。

のようになります。


実は、中国語で「私の趣味は…」と言う時は”爱好”(愛好)は使わない

また「趣味」という名詞として、

爱好 [ài hǎo]

という表現もありますが、文章上での表現で会話ではほとんど使いません。

また、会話の中でこの単語が出てきた場合でも、一般的に[hào]の発音が使われることが多いようです。(地域や人にもよりますが…)

では、次ページで、会話の中で「○○が好き」という場合について、見ていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました