広告 広告は当サイトの見解を示すものではありません。

中国語: 鳳凰を持って鶏として売る – その心は?

中国語: 鳳凰を持って鶏として売る - その心は?【歇後語】

「鳳凰を持って鶏として売る」 - その心は?

中国語では、後の言葉は

贵贱不分

[guì jiàn bù fēn]

と続きます。


"贱"は日本の漢字では「賤」と書き、「身分が低い人」などを指す言葉で、中国語と同じです。

「鳳凰(ほうおう)」は、神話に出てくる高貴なシンボル的存在です。
でも、これをありふれた「鶏(にわとり)」と同じように扱うという意味になります。

鳳凰
鳳凰(ほうおう)は、中国神話の伝説の鳥、霊鳥である。鳳皇とも言う。日本を含む東アジア広域にわたって、装飾やシンボル、物語・説話・説教などで登場する。

ウィキペディア

全体では

拿凤凰当鸡卖,贵贱不分

となり

「鳳凰を持って鶏として売る」といえば…

貴賤の区別なく扱う
分け隔てなく対応する

それが、その心です。


今回もお読みくださり、ありがとうございました。

役に立った・気に入ったらツイート共有していただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました