広告 広告は当サイトの見解を示すものではありません。

中国語: 食卓上のふきん – その心は?

中国語: 食卓上のふきん - その心は?【歇後語】

「食卓上のふきん」 - その心は?

中国語では、後の言葉は

尝尽了酸甜苦辣

[cháng jǐn le suān tián kǔ là]

と続きます。


「よく分からない…」という方のために、もう少し説明を続けますね。

"尝"という漢字は、「ちょっと味見してみる・食べてみる」という時によく使われます。

  • 尝尝吧 [cháng cháng ba]
    = ちょっと味見してみてよ
    = ちょっと食べてみてよ


"酸甜苦辣"は、「いろいろな味」を表す言葉です。

"基本味觉" [jī běn wèi jué](基本的な味覚)として"酸甜苦咸"という四字熟語もよく使われます。

  • 酸 [suān] = 酸味
  • 甜 [tián] = 甘味
  • 苦 [kǔ] = 苦味
  • 咸 [xián] = 塩味

ここでは"酸甜苦"として、最後は「辛味」としていますが、基本的な意味は変わりません。


さて、"尝"には、「経験」や「体験」という別の意味もあります。
ここでは"尝尽了"となっていて、「味わい尽くした」「経験し尽くした」と表現しています。


また、"酸甜苦辣"は実際の味覚だけでなく、人生の「幸福・楽しみ・苦痛・困難」などの感じを表す比喩としても用いられます。
日本語でも「酸(す)いも甘いも知る」という表現がありますね。


さて、これで分かりましたね。
「食卓上のふきん」といえば…

ありとあらゆる味を味わい尽くした

それが、その心です。


全体では、

饭桌上的抹布,尝尽了酸甜苦辣

となりますが、前の部分だけしか言わないで、

人生の苦楽を経験し尽くした

の意味になります。


今回もお読みくださり、ありがとうございました。

役に立った・気に入ったらツイート共有していただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました