【広告】
 広告  広告は当サイトの見解を示すものではありません。

【広告】
 広告  広告は当サイトの見解を示すものではありません。

中国語: 笑い声を表す擬音語・擬態語

中国語: 笑い声を表す擬音語・擬態語 一覧
中国語で笑い声を表す擬音語・擬態語

日本語は、世界でも擬音語や擬態語(オノマトペ)の多い言語として知られていますが、中国語も日本語ほど多くはないもの、決して少なくはありません。

  • 擬音語 = 拟声词 [nǐ shēng cí]
  • 擬態語 = 拟态词 [nǐ tài cí]

今回は、中国語で笑い声を表す擬音語・擬態語のいくつかをご紹介します。

 中国語で笑い声を表す擬音語・擬態語

哈哈 [hā hā]

笑い声の擬音語で最もよく使われる表現です。日本語と同じ感覚ですね。
特にネット上やSNSでは、笑いの度合いに応じて数を増やし、数に制限はなさそうです。

  • 哈哈哈
  • 哈哈哈哈
  • 哈哈哈哈哈哈哈哈

"哈哈大笑" [hā hā dà xiào]というと、「ゲラゲラ笑う」という感じの大笑いになって、一般的に使われています。


嘿嘿 [hēi hēi]

こちらも日本語と同じ感覚で、「へへ」という笑い声です。
照れ隠しや苦笑いの感覚です。

"嘿嘿嘿"と3回ほど繰り返す場合もあります。


呵呵 [hē hē]

一般的に、軽蔑や嘲笑を表す笑い声です。日本語でいうと「ふふん」と鼻で笑う感じでしょうか。
音は上の2つと少し違う程度に感じられますが、意味は大きく異なります。
"笑呵呵"のように使う場合もあります。


嘻嘻 [xī xī]

漢字から想像できますが、「喜んで笑う」様子を表します。
"笑嘻嘻"という使い方もよく見られます。


嘎嘎 [gā gā]

通常はアヒルの鳴き声を表す言葉ですが、人でいえば日本語でいう「ゲラゲラ笑う」という感じになります。


咯咯 [kǎ kǎ]

笑いを表すとき、大声で笑う様子を表します。
これ以外に、歯を食いしばる音を表す場合もあります。また、鳥の鳴き声を表す場合もあります。


噗嗤 [pū chī] / 扑哧 [pū chī]

吹き出して笑う様子を表します。日本語でいう「ぷぷっと笑う」「ぷーっと吹き出して笑う」感じです。
日本語と同様に、状況によって嘲笑となる場合もあります。


吃吃吃 [chī chī chī]

"吃"は「食べる」という意味なので、"吃吃"だと「食べて食べて」という表現に、"吃吃吃"では「ひたすら食べる」という表現になりますが、"吃吃的笑"という笑いの表現もあります。

この笑い声は、つかみどころのない小さな声を表すもので、意味深な笑いの他に、状況によっては冷たい印象や、疲れた薄ら笑いを表す場合もあります。


嘭嘭 [pēng pēng]

明るく楽しい笑いを表現します。飛び跳ねるような楽しい感じです。


笑抽 [xiào chōu]

突然の爆発するような喜びで、笑いの他に驚きや興奮の感情を表します。


咔咔咔 [kǎ kǎ kǎ]

楽しくても、緊張がある状況での笑い声です。


咯噔 [kǎ dēng]

衝動的な気持ちで震える笑い声を表現します。楽しさだけでなく、可愛い小動物への愛情表現にも使われます。


吼吼 [hǒu hǒu]

ネット用語として、嬉しい様子を表します。"HOHO"という表記も増えています。


ご紹介する最後の表現は擬音語ではありませんが、笑いの表現で比較的よく使われます。


偷笑 [tōu xiào]

日本語でいう「くすくす笑う」の表現です。中国語の"偷"には「盗む」という意味があるものの、"偷笑"となれば「くすくす笑う」という意味になります。
"偷偷地笑"のように表現することもあります。


考えてみると、日本語にも笑いの表現は相当な数がありますが、中国語の表現もいくつかは知っておいて損はないですね。


中国語: 試験に出ない! 頻出単語集 SNS・ネット用語 かわいい・かっこいい・不可解なスラング
中国語のいわゆる「ネット用語」とか「インターネットスラング」の例のいくつかを紹介します。SNSをはじめ多くのネット用語が使われますが、かわいい単語・かっこいい単語・不可解な頻出単語を選びました。なぜ「牛蛙」か?日本の「断捨離(だんしゃり)」も中国で使う!?もちろん、試験には絶対に出ません。

中国語: 試験に出ない! アルファベット略語 頻出ネット用語 SNS スラング
中国語のいわゆる「ネット用語」とか「インターネットスラング」のうち、アルファベットで短縮表記した例のいくつかを紹介します。たとえば日本語の「kwsk」が「詳しく」となるような例です。たくさんのネット用語がありますが、頻出単語を選んで掲載しました。もちろん、試験には絶対に出ません。

中国語: 「びっくりした」「驚いた」はなんていう?
中国語で「びっくりした」「驚いた」や「すごくびっくりした」「ちょっと驚いた」などはどのようになるでしょうか?文章や会話・チャットなどで使える表現をまとめて解説します。

中国語: 死に過ぎ!? 中国語で頻出!"○○死了"の表現
中国語の日常会話で頻出の"○○死了"(スーラ)という表現、漢字のとおり"死了"だけでは「死んだ」という意味になるのですが、"○○死了"であれば「○○過ぎ!」という感じで結構軽く使われる表現です。いろいろな意味と使い方を見ていきましょう。発音の音声付きです。

中国語: 「本当に!?」「ウソ!?」「マジ!?」 気軽に使える否定表現
中国語で気軽に使える、あいづちとしての否定表現 - 「本当に!?」「ホント!?」「ウソ!?」「マジ!?」「ありえない!」「まさか!」「それはおかしい!」「ありえない!」「それはないでしょ!?」「とんでもない!」「それは変だよ!」などの表現を紹介していきます。


今回もお読みくださり、ありがとうございました。

役に立った・気に入ったらツイート共有していただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました